エンゲージメント Part 1: アクティビティフィード入門 (Sequoia Capital)

Facebook、Instagram、LinkedIn、Reddit、Snapchatなど、主要な全てのソーシャルアプリには、アクティビティフィードやニュースフィード、またはそれと同等の機能があります。ユーザーが見ているものには大抵の場合、写真、プロフィール変更、誕生日などのユーザー生成型コンテンツと共に、報道機関のニュース記事やセレブたちによる投稿などの「プロフェッショナル」コンテンツも含まれます。また、アクティビティフィードをベースとした製品の多くがこのコンテンツをランク付けし、ユーザーがフィードを訪れる度に、最も関わりの深いコンテンツの発信源や種類から最新の情報を目立たせて表示しています。

あなたの製品のエンゲージメントを追跡・改善するために使われる具体的な測定指標は、それぞれの使用事例により異なります。例えば、アクティビティフィード環境におけるエンゲージメントは、閲覧セクション経由または「ストーリー」を通してコンテンツが消費される環境でのエンゲージメントとは、大きく異なります。この記事では主に、ユーザーのサブスクリプションに基づいて目立たせる情報を決定している、アクティビティフィードに焦点を合わせます。一部では、そのような情報をAIに基づいて決定している例もあります。

アクティビティフィード内のエンゲージメントは多くの形を取ります。ユーザーは単純にスクロールして複数の記事を読むかもしれません。あるいはリンクをクリックして記事を読んだり、「いいね!」やコメントを使って反応したりすることで、インタラクションを行うかもしれません。おそらく他のユーザーと会話することさえあるでしょう。また、コンテンツの写真を撮り、それを編集したりコメントを付けたりして、友だちと共有する場合もあります。

エンゲージメントが大切な理由

エンゲージメントはユーザーが本当にその製品を気に入っており、そこから価値を見出しているかどうかを反映しているため、プロダクト マーケット フィットを最も早く測定できる指標となります。また、ユーザーの継続利用と持続可能な成長の両方を生み出す、最も重要な推進力でもあります。それ故に、エンゲージメントの推進力を深く理解することが、製品の成功に極めて重要です。

このシリーズでは、エンゲージメントを改善するためのさまざまな方法について検討し、ガイダンスを提供するつもりです。ユーザーが簡単にコンテンツを作成できるようにする、最も関係のあるコンテンツと繋がるのを助ける、適切な順番で適切なコンテンツを表示する、どんなデバイスやネットワークでも簡単にコンテンツを消費できるようにする、そしてあなたの製品との相互作用を可能にする、などの方法です。各記事では、貴社の製品が本当に成功しているかどうかを知るのに役立つ、「追跡すべき重要指標」も紹介しています。

生産-消費システム

検討を始める前に、ソーシャル製品とのエンゲージメントを促進する、生産-消費システムを理解する必要があります。それらのシステムでは、ユーザーが他の人の消費するコンテンツ(または在庫)を作成します。そしてそれらの消費者から送られる投票、コメント、リアクションなどのフィードバックがユーザーのやる気となって、さらに多くのコンテンツが生み出されます(図1参照)。

f:id:bfore:20181016080526p:plain

作成されたコンテンツは在庫となります。それぞれのユーザーの在庫量は、そのユーザーの繋がりの数と、システム内で作成されたコンテンツの量に比例します。オープンなフォローシステムを持つTwitterやInstagramなどは、相互フォローシステムのFacebookなどよりも、ユーザー1人あたりの在庫量が多い傾向にあります。FacebookやRedditのように豊富な在庫を抱える環境のほとんどにおいて、ユーザーのアクティビティフィードに表示する記事の順番は、ランキングアルゴリズムにより決定されます。

エンゲージメントはこのような生産-消費ループからもたらされます。そして最終的には大部分の製品において、セッション数、閲覧数、製品総利用時間などの「利用時間」指標により計測されます。従って一般的には、それらの指標の1つ以上を向上させることが、貴社エンゲージメントチームの一番の目標となります。次のいくつかの投稿では、エンゲージメントループのさまざまな部分を掘り下げて検討して行きます。

 

この記事は、Sequoia CapitalのData Scienceチームによるものです。Jamie Cuffe、Avanika Narayan、Chandra Narayanan、Hem Wadhar、Jenny Wangが執筆協力しています。質問、コメント、その他のフィードバックにつきましては、data-science@sequoiacap.comまでメールでお送りください。

 

著者紹介 

Sequoia Capital (Medium)

アイデアから IPO、そしてそれを超えて、Sequoia は大胆な創業者たちが、伝説的な起業を作ることを助けます。

記事情報

この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
原文: Engagement Part I: Introduction to Activity FeedsEngagement (2018)

BFORE (Biz FOR Engineers) はスタートアップに関するノウハウを届けるエンジニア向けのメディアです

運営元