財務に関する誤った記述 (Sam Altman)

初回のスタートアップのCEOは間違いが多く、主にそれらは無知が原因です。

特に困った間違いの1つは、基本的な財務用語の誤解や誤用です。数年前、Y Combinatorへの応募者たちの中で私はこのことに気づき始めたのですが、現在でもあらゆる段階のスタートアップで見られます(YC企業のいくつかも含みます)。

投資家に対し正確な財務諸表を作成することは非常に重要です。「売上」、「GMV」(流通総額)、「契約」あるいは「LOI」(基本合意書)による収益、これらの概念の違いを学ぶことは、その時間に見合うだけの価値が十分にあります。ほとんどの用語には非常に明確な定義があります。そして、これらの用語の意味を学ぶことは、それにかかるわずかな時間に見合う価値が十分にあるのです。迷った時は、とにかく正確に。財務用語の使い方が正確すぎてトラブルになるということはないのですから。

私は、投資家たちと話をする時に、「GMV」を「収益」の意味で使ったり、「LOI」を「契約書」と言ったりする人を、ここ1年で何度も見ました。これは重罪とも言える誤りです。

投資家たちは、現在の流行りに乗るよりも、もっとディリジェンスをやるべきでしょう。とはいえ、この問題は創業者が解決すべきものです。

 

 

著者紹介 (本記事投稿時の情報)

Sam Altman

Sam Altman は YC グループの社長です。彼は Loopt の共同創業者兼 CEO でした。Loopt は 2005 年に Y Combinator に投資され、2012 年に Green Dot に買収されました。Green Dot で彼は CTO を務め、現在は取締役です。Sam は Hydrazine Capital も創業しました。彼は Stanford でコンピュータサイエンスを学び、その間 AI lab で働いていました。 

記事情報

この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
原文: Finalcial Misstatement (2015)

BFORE (Biz FOR Engineers) はスタートアップに関するノウハウを届けるエンジニア向けのメディアです

運営元