創業者の鬱 (Sam Altman)

創業者にスタートアップの調子はどうかと尋ねたら、ほぼ間違いなく「最高!」といった感じの答えが帰ってくるでしょう。

創業者には、決して弱みを見せず、社内でも社外でもいつでも前向きなチアリーダーのように振舞わなければならないという、多大なプレッシャーがのしかかります。自分の周りの世界が崩れ去っているように感じられても(会社を運営しているとほとんどいつでもそんな感じですが)、創業者は強く、自身に満ち溢れ、楽観的でいなくてはいけません。失敗するのは恐ろしいですが、バカみたいに見られるのも恐ろしいものです。

創業者は、従業員、家族、顧客、投資家等、多くのものを肩に背負ってしまいます。創業者は皆を幸せにしなければいけないと、責任を感じてしまいがちです。皆の利害はたいてい対立するものであるにも関わらず、です。そして、共同創業者がいたとしても、説明は難しいのですが、ある意味孤独なのです(Y Combinator のような組織で上手くいっていることの1つは、サポートを得るのに頼れる仲間がいることです)。

そのため、多くの創業者はどこかの時点で精神的に非常に落ち込み、たいていの場合、誰にもそのことを打ち明けません。企業は多くの場合、このような暗闇の時期を乗り越えることができません。

失敗は最悪です。そのことはどう取り繕うこともできません。しかしスタートアップは生死をかけた問題ではありません。単なる仕事なのです。

私の知る創業者の大半は、本当に困難な時期を経験し、頼りにできる人が誰もいないと感じたことがあります。こんなことを言っても役に立つかは分かりませんが、あなたは1人ではありません。そして恥じることなどないのです。

「上手くいっているよ」と言う代わりに、直面している困難について誰かに話してみてください。一度やってみると、どれほど気持ちが楽になるか、きっと驚くことになるでしょう。そして、他の創業者たちがどれだけ話を聞いてくれるかということにも、驚かされることになります。

 

 

著者紹介 (本記事投稿時の情報)

Sam Altman

Sam Altman は YC グループの社長です。彼は Loopt の共同創業者兼 CEO でした。Loopt は 2005 年に Y Combinator に投資され、2012 年に Green Dot に買収されました。Green Dot で彼は CTO を務め、現在は取締役です。Sam は Hydrazine Capital も創業しました。彼は Stanford でコンピュータサイエンスを学び、その間 AI lab で働いていました。 

記事情報

この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
原文: Founder Depression (2014)

BFORE (Biz FOR Engineers) はスタートアップに関するノウハウを届けるエンジニア向けのメディアです

運営元