Ron Conway の行動規範 (Paul Graham)

ベンチャーキャピタリストであれ、エンジェル投資家であれ、Ron Conway ほど多くの優良スタートアップに投資してきた人物はいない。彼はシリコンバレーのすべての取引で何が起きたかを知っている。その半分は、彼自身が手配したからだ。

それなのに、彼は飛び抜けていい人だ。いや、「いい人」という言葉とは違う。RonCoは善良なのだ。彼がひどいことをしたという例を、私はひとつも知らない。そんな彼を想像することすら難しい。

初めてシリコンバレーに来た時、私は「これほどパワフルな人物がこんなに慈悲深いとは、なんて幸運なことだろう」と考えた。ところが、それが運ではなかったことに、私は次第に気づいた。慈悲深いからこそ、RonCoはこれほどのパワーを手にしたのだ。彼が投資する事業はすべて、紹介によるものだ。Google がそうだった。Facebook がそうだった。Twitter は Evan Williams 自身の紹介だった。そして、これほど多くの人が彼に取引を持ち込むのは、彼が善良な人間であることを証明してきたからなのだ。

善良とは、他人の言いなりになることではない。私は怒っている RonCo と向き合いたいとは思わない。だがもし RonCo があなたに腹を立てるとしたら、それはあなたが何か間違ったことをしたからだ。Ron はあまりにも昔気質で、旧約聖書のようだ。彼は正義の怒りであなたを打つだろうが、そこには悪意は微塵もない。

善良に見えることは、ほとんどどんな分野でも利点になる。なぜなら人から信頼されるからだ。だが、実際に善良なのは、善良に見えることの、高くつくやり方だ。道徳心に欠ける人にとっては、やり過ぎと映るかもしれない。

やり過ぎになる分野も存在するかもしれないが、スタートアップの世界はそうではないみたいだ。下劣な投資家は山ほどいるものの、投資家には明らかにひとつのトレンドが存在する。最も成功している投資家は、最も立派な人々でもあるんだ。[1]

昔からこうだったわけではない。20年前の投資家については、私はこう断言する自信がない。

何が変わったのか? スタートアップの世界は、より透明になり、より予測が困難になった。このため、実際には善良でないのに善良に見せることが、以前よりもむずかしくなっている。

透明性の高さがこうした効果をもたらす理由は明らかだろう。今、投資家が創業者を不当に扱えば、そのニュースは広まる。報道機関にまでは届かないにしても、他の創業者の耳に入り、その投資家は取引を失うようになる。[2]

予測が困難であることによる効果は、より微妙だ。予測が難しいことは、一貫性のなさをより露呈させる。相手によって態度を変えようとするなら、誰に対して親切に振る舞い、誰に対してはひどいことをしてもかまわないかを知っておく必要がある。スタートアップの世界はめまぐるしく変化するため、見極めることは不可能だ。今日、たまたま話をした大学生が、2年後にはシリコンバレー随一のスタートアップのCEOになっている可能性もある。誰に対して親切にすべきかがわからなければ、全員に対して親切にするしかない。そして、それができるのは恐らく根っから善良な人間だけだ。

つながりが密で、予測しがたい世界では、善良でなければ善良には見えない。

よくあることだが、Ron が未来の投資家になる方法を見つけたのは、偶然だった。彼はスタートアップ投資の未来を予見したわけでもなければ、立派な人間であることが得になると気づいていたわけでもなく、無理に立派な態度を取ろうとしたわけでもない。立派でない態度を取ろうとすることは、彼にとっては不自然に感じられるだろう。彼はすでに未来に生きていたんだ。

幸い、その未来は、スタートアップの世界だけに限られているわけではない。スタートアップの世界は大半の他の世界よりも透明性が高く、予測がつきにくいが、ほとんどどんな世界でも、トレンドはこの方向へと向かっている。

 

[1] 投資家を慈悲深さの順に並べれば、収益順になると言っているわけではなく、慈悲深さをX軸に、収益をY軸にして散布図を作れば、はっきりとした上昇傾向が見られることを言っている。

[2] 特にY Combinatorは、極めて多くのスタートアップのデータを蓄積しているため、投資家の行動をかなり総合的に見ることができる。

 

本記事の草稿に目を通してくれた Sam Altman と Jessica Livingston に感謝する。

 

著者紹介 (元記述)

Paul Graham

Paul は Y Combinator の共同創業者です。彼は On Lisp (1993)、ANSI Common Lisp (1995)、ハッカーと画家 (2004) の著者でもあります。1995 年に彼は Robert Morris と最初の SaaS 企業である Viaweb を始め、1998 年に Yahoo Store になりました。2002 年に彼はシンプルなスパムフィルタのアルゴリズムを見つけ、現在の世代のフィルタに影響を与えました。彼は Cornell から AB を、Harvard からコンピュータサイエンスの PhD を授けられています。

記事情報

この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
原文:  The Ronco Principle (2015)

BFORE (Biz FOR Engineers) はスタートアップに関するノウハウを届けるエンジニア向けのメディアです

運営元